むかしなつかし、 山形のご当地サイダー。

むかしなつかし、 山形のご当地サイダー。

山形のソウルフード
パインサイダーその歴史

山形のソウルフード、パインサイダー。 発祥は昭和30年代と言われています。 当時、山形ではなかなか口にできない南国のフルーツ「パイナップル」への憧れから誕生したと言われており、 現在でも山形のご当地サイダーとして根強い人気を誇っています。

シュワっと強めの炭酸と
ほんのりパイン色

どこか懐かしさを感じる甘さで、後味はすっきり。 フルーティな香りと、キリッと強めの炭酸が、しゅわしゅわっと口の中いっぱいに広がります。 また、山形のご当地サイダーということで、 山形県の県花である「紅花」を使った色素を使用。 ほんのり黄色く色付き、パインの華やかさを表現しています。

山形パインサイダー

どこか懐かしさを感じる甘さで、後味はすっきり。 少し強めの炭酸が弾ける、昔懐かしい山形のご当地サイダーです。